Mokumegane Main Process

ブランドのメインモチーフであるMOKUMEGANE(木目金)は、およそ400年前の江戸時代に生まれた日本古来の金属加工技術。
金属の色の違いを利用して木目のような模様を生み出す技術で、当時は日本刀の鍔の装飾などに使用された。
スーマン・ダックワが生み出すMOKUMEGANEは、銀と銅、銀と真鍮、銀と金の組み合わせなどで、
何層にも交互に重ね合わせた金属塊を『捻じる』、『叩く』、『彫る』などのテクニックで様々な木目の模様を創りだす。
さらには、利用する場所や向きで模様がまったく異なるこの素材を自在に扱い、アイテムに合うベストな木目模様をセレクトしている。

Suman Dhakhwa

© 2011 Suman Dhakhwa